GISを中心としたシステム開発を行っています

ジオインフォシステム

固定資産税業務支援システム

システム概要

固定資産税業務の効率化、適正化を支援するシステムです。

本システムは、航空写真、地番家屋図、画地認定図、路線価図、課税台帳、異動通知書等のデータをすべてコンピュータ上に取込、地理的・空間的情報と台帳情報をリンクします。

昨今の行政・財政改革の下、固定資産税は地方税の中にあって安定した自主財源として益々その比重が高まってきています。 また、バブル崩壊後の急激な土地価額の下落に伴う住民の重税感は強いものがあります。 このような状況下、正確な地番図の維持、迅速な土地・家屋検索・異動処理、適正な評価計算を行うシステムは必要不可欠なものになってきています。

機能

独自のアルゴリズムによる図形の高速検索・更新を可能にした地図データベースを開発し、採用していますので、複数枚に渡る図面を完全に1枚の大きな図面として管理することが出来ます。 そのため、複数枚に渡る図形の解析、検索が高速に容易に行えます。 また、ファイルサーバー上にある地図データベース、属性データベースを複数パソコンで同時にアクセスし更新することが可能です。

地番、納税義務者コード、納税者名、一棟コード、路線番号、路線価額、画地番号、地図上に書かれた文字列等々、地図を検索する方法は豊富に取り揃えてあります。 地図上に書かれた文字列は全て検索対象となり、文字列の一部を与えることで検索が可能です。 地図データは全てレイヤー管理されているので、レイヤー毎に分別表示や重ね合わせ表示することが可能です。 さらに同一レイヤー内でも宅地のみを色塗り表示させるなどきめ細かく表示設定すること出来ます。 また、航空写真や地図などをスキャナーで取込んだラスターデータと重ね合わせて表示することが可能です。ラスターはオプションの正規化ソフトで公共座標に合うように作成されます。

固定資産税業務支援システムの画面 固定資産税業務支援システムの画面

分筆時の距離指定による筆界の分断が可能です。合筆に際しては、合筆しようとする筆をマウスで指示していくだけで地図および台帳の更新、履歴が自動的に作成されます。分筆に際しても同様に行えます。

固定資産税業務支援システムの画面 固定資産税業務支援システムの画面

画地計算に際しての間口・奥行の取得、不整形地における想定整形地の自動発生・取得が画面上で簡単に行え、自動的に補正率を計算して評価額を算出します。 また、状況類似界、標準地、路線価の変更があっても地図上の状況類似界や標準地を変更することで、一括して評価額を計算させること出来ます。 土地評価額変動図を表示させることによって評価額変動のシミュレーションを行うことが出来ます。

固定資産税業務支援システムの画面 固定資産税業務支援システムの画面

各図面毎にレイヤー設定するのは面倒なことです。本システムでは頻繁に使用する図面をパターン化し、欲しい図面を選べば、その図面に対応したレイヤーが自動的に設定されます。 主題図としては、地番図、地番家屋図、土地情報図(土地の所有者、地目が図面上に表示される)、地目図、画地認定図、路線価図、土地評価額変動図、不一致図、同一所有者図、不一致図等があります。 帳票としては画地評価明細書、不一致リスト、各種コード表等があります。

数値地図、DM、DXF、NIF2、SIMAの各種フォーマットを変換して本システムに取込むことが可能です。

メッセージとメニューからほとんどの操作をマウスのみで行えます。
また頻繁に使用する機能・割込処理をボタン化しワンタッチでが選べます。
さらにボタンはユーザーが使いやすいように自由にカスタマイズすることができます。

固定資産税業務支援システムの画面

弊社は航空写真撮影、公図照合、地番家屋図の作成、評価基図作成、システム作りと固定資産税業務に関わる一連の業務を一貫した体制で行っており、本システムは実際にお客様に導入されております。 基図作成、データの入力・変換・メンテナンスからシステムの導入・保守と、トータル的な支援体制にてお客様の多様なニーズに対応いたしております。

画面イメージ

固定資産税業務支援システムの画面