WACとは

WebEDI操作を自動化するソフトウェアです。

WebEDI情報の送信・取得を自動化します。複数のEDIサイトに対応しています。
WebEDI操作を行うパソコンにWACをインストールして使用します。設定した時間にEDI情報の送信・取得を自動で行い、複数種類のEDI情報の送受信が可能です。
受信したEDI情報は適宜加工することもできるので、複数の受信をあたかも一つのEDI情報として取り扱うこともできます。 カスタマイズにより、独自の操作を追加することも可能です。

こんなお悩みありませんか?

毎日早朝から行う、定型の発注業務から解放されたい…。

取引先WebEDIと社内システムとの整合性がとれない。

取引先ごとにWebEDIサイトが異なるため、社内システムとの連携が難しい

取引先ごとに各担当者が選任しており、休暇や異動のたびに引き継ぎ作業が発生。

手作業でデータ取得し、社内システムへの連携を行うため、うっかり忘れた、入力間違いなどのミスを誘発する。

すべてWACで解決できます!

WACの機能

  • WebEDI送受信時の、マウス、キーボード操作を自動化します。ウインドウや座標などをスクリプト化して、人間が行うあらゆる操作を自動実行します。
  • JOBコントローラ、スケジューラ、監視システムを実装。 時間指定による起動、メッセージの監視、アラートメール送信機能があります。

WACの特徴

  • スケジューラがあるので、設定した時間になると自動的にEDI情報の取得、送信を行うジョブが起動します。うっかり忘れたりすることがありません。
  • スケジューラには複数のジョブを登録することができます。いくつもEDI情報の送受信を行う場合も、WACにお任せです。
  • EDI情報の取得、送信はすべて人間の手が係ることなく、自動的に行われます。 決まった値を設定しないといけないのに設定し忘れた、などというケアレスミスがなくなります。
  • ジョブのカスタマイズが自由です。ジョブは、テキストファイルに実行方法を記述したスクリプトで定義されます。 このスクリプトはテキストであるため、自由にカスタマイズが可能です。
  • WACでは人間が行うのと同じように、Webブラウザを立ち上げ、ログイン、受信、送信処理をブラウザ上で行います。 このため、実行経過を目で追うことができ、自動実行によるブラックボックスの不安から逃れることができます。
  • WACのスクリプト作成、更新は弊社がメンテナンスを行います。保守契約を締結していただければ、EDIサイトの変更にも安心です。
事業概要
  • 地理情報システムの開発及びコンサルティング
  • ソフトウェア開発(Windowsアプリ、Webアプリ、携帯アプリ、スマートフォンアプリ)
  • インターネットサーバ構築、クラウド・コンピューティング構築支援サービス
  • 特定労働者派遣事業
  • 移動体の位置情報提供サービス
開発実績
  • 防災情報システム
  • 固定資産税管理システム
  • 商圏分析支援ソフト
  • 配送管理システム、ルート計画システム
  • 勤怠管理システム
  • その他多数